Wednesday, 27 February 2008

Message From Happy


17年ものあいだ私のもとでしあわせをくれた愛犬が今朝亡くなりました。
17年前の元旦”Happy New Year"に生まれたHappy。思えば私の人生の半分をHappyといっしょに過ごしてきました。つらい事があった時も新しい街でひとりぼっちの時も、Happyの存在がどんなにか私の心をなぐさめてくれたことか。そしてどんなにたくさんのしあわせを笑顔をくれたことか。

年老いたあちこち痛い体で、私たちとずっといっしょにいてくれたこの最後の一年。昨日獣医にこのままではかわいそう、楽にしてあげようと言われてからあっという間でした。昨日の晩は、たくさん美味しいものを食べさせてあげて、ダンナとHappyと3人ソファーで眠れない夜をすごしました。朝、何も知らないカイを両親に学校に送ってもらい獣医に向かいました。車の中でHappyは私の腕の中、もうほとんど見えていない目で私をじっと見つめていました。最後にたくさんキスとハグをしてあげて、私たちの前で静かに眠りにつきました。

カイに悲しいニュースを告げるのもまたとてもつらかったです。
"I want Happy, I want Happy"と泣き叫ぶ我が子に、わたしたち家族にとってのHappyの存在がどんなにおおきいものだったかを改めて思い知らされました。昨晩なんとなく何かを感じ取ったのか"When is Happy gonna go? I don't want Happy to die... but I will love him forever"とベットの中で私に言ったカイ。泣きながらHappyにそっくりの置物を抱いてベットに入る息子に伝えたHappyからのメッセージ。今朝最後に撮ったHappyとの写真とでLOにして額に入れてあげると約束し、夢で天使になったHappyと会おうねと言い聞かせて寝かせました。

そうねカイ、ずっとずっとHappyのこと好きでいようね、忘れないでいようね。
いつかまた会える。それまできっとHappyはカイのこと、ピアのこと見守ってくれてるよ。

Happy, my boy...
17年間たくさんの"happy"をありがとう。大好きだよ。
We will love you forever...

まだHappyの足跡が、においが残る家で・・・
明日からHappyのいない毎日が始まります。

2 comments:

ちゅま said...

辛い出来事ですね。。。。。。

ご家族の15年がHappyちゃんのおかげで、それほど
素敵なものであったことが伝わってきます・・・。
特にカイ君にとっては生まれたときから、そばにいた
存在。初めての大きな別れ。心への響き具合は、
大人以上に、繊細でしょうね。。。
LOからも、そんな切ない雰囲気がじーんと伝わって
きます。いつもとはまた違って意味で、大事な大事な
一枚になりましたね。

wallabyさん自身も、とっても辛い時期でしょうが、
カイ君の心のケア、大事にお過ごし下さいませ。。。。

めぐみ said...

お久しぶりです!!
17年とは、大往生ですね!
wallabyさんのもとで大きな愛情に包まれて育ったからHAPPYは名前のとおり
HAPPYな生涯をおくったと私は確信しています。
この17年の間には、結婚、出産などなど
人生の中でも大きな場面がたびたびあって
そのたびにHAPPYはwallabyさんと
一緒に喜んだり、笑ったり、悩んだり泣いたりしてきたんでしょうね。
今はお辛いでしょうが、HAPPYは
wallabyさんの中にも旦那様や
カイくん、ピアちゃんの中で
生き続けますから、カイくんには
お空から、HAPPYがいつもみてるよ~って伝えてあげてください。
悪いことしてるのも全部みえちゃうんだからね~~って。最後の2行読んで 涙があふれてとまりません・・・。
支離滅裂なコメントでごめんなさい。
wallbyさんが笑顔になったとき
HAPPYも安心してお空にいける気がするよ。一日も早くwallabyさんに素敵な笑顔が戻りますように・・・。